お尻や内腿の黒ずみを自覚していますか?

お尻や内腿の黒ずみを自覚していますか?

デリケートゾーン中のデリケートゾーン、Iラインや下着のゴムが食い込むVラインの黒ずみに自覚のある人は多いと思いますが、お尻の黒ずみには無頓着なものではないでしょうか。
何と言っても確認しづらい部位ですからね…。

お尻や内腿の黒ずみ

トイレットペーパーを取る女性
例えば肛門の周りから左右のお尻の肉が接触している部分。
大きいほうをした後、拭きますね。
けっこうしっかりめにゴシゴシと。
当然の行動ですが、ほぼ毎日のこととなると肌にその刺激は蓄積されているはず。
また、お尻の下部、お尻の肉をめくり上げた部分などは座っている時の圧迫により黒ずんでいたり、ざらついていたりします。
その他にも、 限りなくデリケートゾーンに近い内腿も黒ずんでいることがあります。
ここに関しては何故?と少々不思議に思うかもしれません。

サドルが原因!?

自転車と女性
実はこれは自転車のサドルによる圧迫と摩擦の可能性が考えられます。
自転車はとにかく便利ですから無いと困るという人も多いでしょう。
乗るのをやめろとは言いません。
サドルの高さを低めにすることで股への圧迫と摩擦を幾分軽減できるはずです。
できてしまった黒ずみは美白クリームか有効になります。
デリケートゾーンに使用可能な低刺激のものを使ってみましょう。
これから黒ずまないようにするには、日常的に保湿ケアをすることです。
刺激を感知した部分の肌は、守ろうとする働きから角質を分厚くしてしまいます。
潤いを与えると外的刺激の蓄積を食い止められ、黒ずみにならずに済むでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみを解消したい方必見!人気商品ランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*