下着と肌の摩擦を軽減して黒ずみをなくす

あの場所の黒ずみなんとかならない?

デリケートゾーンの黒ずみは一体どうすれば消えてくれるのか、多くの女性が気になっている事でしょう。
いつもバスタイムなどで自分の裸は見ているつもりでも、意外にしっかり見ることってあまりないですよね。
デリケートゾーンなんて、本当に必要な時、(痒み、痛み、何かデキモノ?)などしかじっくり見ることなど無いのではないでしょうか。
また男性と初めての時の予感がある時など、そんな時にしかなかなか見ようとも思いませんよね。

デリケートゾーンの黒ずみは、お顔のシミ、そばかすと一緒でメラニン色素の活動によって起こるものです。
でも顔や手のように、いつも日差しに直に当たっているわけではないのに何故?と感じますよね。
いつも下着に包まれている部分は摩擦が生じているため、擦られた皮膚は丈夫になろうとしてメラニンの活動が活発になり黒ずんでいくのです。
しかも女性は特に生理もあり、ただでさえ負担が激しい部分ですよね。
肌が薄くダメージをうけやすく、そのせいでメラニンが生成されやすい部位です。

パンツ改善でメラニンを抑える

下着姿の女性
つまりはこのメラニン生成を抑えてあげる事ができれば、デリケートゾーンの黒ずみというのは改善する事ができ、また予防もできるという事になります。
しかしながら、デリケートゾーンというのは摩擦が多い部位です。
デリケートゾーンは入浴時以外、ずっと下着や衣類による摩擦を受けており、その刺激で黒ずんできてしまいます。
そうならないためには、自分に合った下着のサイズ、素材を見直してみることです。
綿や絹といったお肌への刺激が少なく通気性の良いものがおすすめです。
サイズがきつい下着は締め付けも強いので黒ずんできてしまいますので、ゆったりとした下着を付けてください。
摩擦に弱く摩擦をうけやすい、それがデリケートゾーンです。
この状態から抜け出すには、とにかく肌に優しい適正な下着を身につけるというのが一番です。
また、下着以外の摩擦は極力与えないという事も意識しましょう。
これが黒ずみになります。
窮屈な下着は身につけない事が先決です。
自分の体のサイズに合ったものを選ぶように心がけましょう。

ゆとりがある下着を履く

きつめに下着を履いている女性
デリケートゾーンの皮膚は薄い為に刺激に弱く、摩擦が起きた時にかぶれやすく、黒ずみにつながるのです。
では、そんな刺激に弱いデリケートゾーンのケアは何を使ってどのようにケアすればよいのでしょうか?
最初に、締め付けのキツイ下着を変える所から始めましょう。
下着は常に履いているものなので特にきつめに下着を履いているとデリケートゾーンが締め付けられてしまいます。
そのため自宅にいる時ぐらいは少しゆとりがあって通気性の良い下着を履くようにすると刺激を受けなくなって黒ずみも解消していきます。
常に綺麗にしておくのは女のエチケットの一つです。
締め付けのキツイ下着はデリケートゾーンに擦れやすいだけでなく、下半身の血行も悪くします。
そのため下着は締め付けのないものや、天然繊維で肌触りの良く、保湿性に優れたシルク素材の下着もオススメです。

ショーツやナプキンもコットンに

コットン
ショーツも生理中のナプキンも全てナチュラルなコットンのものに変えてみませんか?
ショーツは負担の少ないシルクもオススメです。
それだけで随分この黒ずみに変化が見えてきます。
いつもの顔のケアと一緒に、お風呂上りに一緒に習慣にしてみてください。
普段見えないところをケアすると、女子力もアップし、自分の気持ちが癒され、外側にも綺麗なオーラが出てきますよ。

デリケートゾーンの黒ずみ解消しよう!!人気商品ランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*