私の黒ずみとの向き合い方

パンツの際の黒ずみについて

いつ頃からのことでしょう、デリケートゾーンの黒ずみが心配になりだしたのは。
中学生の時代まではそれほどまでに心配になったととは一度も無かったし、逆に自身のデリケートゾーンについて色々と思考したことも苦悩したこともありませんでした。

高校時代にデリケートゾーンの黒ずみ発覚

高校生の悩み
もし上記のようなことがあったとしたら、高校生時代に突入し、とうとう彼氏ができた頃ぐらいだと思います。
「パンツの際が黒い!!」
と自分の鏡に映っているパンツ姿を穴があくほど見つめ、そのことに初めて気づきました。
毛が原因かな?って思うけれど実際に毛はそこには生えていませんでした。
それで思い切ってパンツを脱いで大股を広げて見てみたらそこはダークワールドです。
それに気づいた時は非常にショックでしたね。
彼氏にもし見られたら不快感を覚えるかもだし、遊んでるって思われたり、本当はそんなこと全然ないのにみたいな。
すっかり不安になった私は4つ上の姉にその件に関してアドバイスを受けてみました。
すると姉から「そんなこと言われてもね、姉ちゃんだって真っ黒よ!」 と笑い飛ばされただけでした。
でも、みんなそんなようなものなのかな?と希望的観測に基づいて思案して、いざ。彼氏と初めてのセックス体験に突入しました。
その体験が終わった後の感想ですが、そもそも部屋の照明が暗いからばれなくて良かったです。
そして色々慌てて興奮していてそれどころじゃありませんでした。

大人になってから

寝ている女性の脚
大人になった今日ではビキニを着用する際、スゴク気になりますが、メラニン色素のせいらしいからしょうがないなとふてぶてしい態度をとっています。
インナーがデリケートゾーンにタッチするのみで摩擦が起き、メラニン色素がリアクションを取ってしまいます。
と言っても日々ノーパンツで過ごす訳にはいかないですしね。
黒ずみのパーツを白くできる薬とかクリームもあるようなので、自分みたいに楽観的じゃなく真面目に苦悩している子はトライしてみるべきです。
けれど、最も良いのはデリケートゾーンが黒くても気にしないでいてくれる素敵な彼氏を一日も早く見つけることだと思います。

デリケートゾーンの黒ずみを解消しよう!オススメケア商品ランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*