主な原因は日常生活での摩擦!!

なぜデリケートゾーンが黒ずんでしまうのか?

デリケートゾーンの黒ずみの最も大きな原因は、摩擦が起こってしまって刺激を与えてしまっている事です。
特に運動している時に走ったりする時や日常生活の中でも必ず歩いたりします。
下着は常に履いている状態なのでデリケートゾーンに刺激を与えてしまっています。

摩擦が起こり皮膚に刺激を与えるメラニンを生成

毎日きつい下着を履いている

きつい下着を履く女性
下着による摩擦で肌に刺激を受けてしまうとメラニンが作られて色素沈着してしまいます。
それによって黒ずみが出来てしまうので刺激を与えないようにする事が大切です。
スポーツなどの激しい動きでなくても、日常で普通に歩くだけでも下着とデリケートゾーンは常に摩擦を起こしています。
特に、化学繊維を使っていて締め付けるデザインの下着や、きつく下半身に密着する衣服は、摩擦による刺激が強くなり、細胞の代謝が低下し、古い角質がどんどんと蓄積されていきます。
下着を履いているとデリケートゾーンがより締め付けられるので肌の刺激を与えてしまって黒ずみになってしまいます。
下着を選ぶ際デリケートゾーンを締め付けないサイズのものを履くようにするといいでしょう。
そう言った時にデリケートゾーンに摩擦が起きていて刺激を与えてしまっています。
下着はコットン製がおすすめです。
コットンは肌触りが良いうえ、汗や皮脂を吸収しやすいのでムレ対策になります。
ビキニタイプよりもこすれにくいボクサータイプを選びましょう。

強めに洗っている

ゴシゴシ洗う道具
デリケートゾーンを清潔に保つという意識が強すぎて強めに洗ってしまうと刺激を与えてしまいます。
デリケートゾーンは皮膚が薄いうえ粘膜が露出しているため、間違った洗い方で刺激になっている場合もあります。
ボディーソープを直接つけるのではなく、よく泡立ててから指の腹を使って細かい部位まで傷つけないように優しく洗います。
生理中はいつも以上に皮膚がデリケートになっているので特に優しく洗いましょう。
顔などと同じように、デリケートゾーンもケア用品できちんと手入れをする必要があります。
最近では女性の美意識が高まっている事からデリケートゾーンのムダ毛を処理してしまうのが主流になりつつあります。
しかしデリケートゾーンのムダ毛を処理した後に気づくのが黒ずみが出てているという事です。
黒ずみが出来てしまうとせっかくデリケートゾーンを綺麗にしても台無しになってしまいます。

掻きむしる

頭を掻きむしる女性
痒くて掻きむしってしまうことも刺激になります。
生理中のムレ、乾燥肌、ストレスなどのほか、イボ状のものができる尖圭コンジローマ、赤みや熱さを伴う感尖圭染性外陰炎などの病気が原因です。

座る時の圧迫も

椅子に座る女性
デリケートゾーンはお風呂に入っているとき以外ずっと洋服や下着などで圧迫を受けています。
サイズが小さいもの、天然素材ではないもの、デザイン重視で履き心地が悪いもののほか、スカートよりパンツ(特にデニム)が好きなことなどは黒ずみの大きな原因です。
OLの方や、座ったりする事が多い人はさらに圧迫を受けやすく、その分守ろうとして皮膚が自身の身を守るために角層を分厚くさせ、そして結果的に黒ずみが生じてしまうのです。
また、ビキニラインや足の付け根は、スポーツや軽いジョギングでも摩擦を起こしてしまう為、黒ずみやすくなっています。
また、デリケートゾーンは、性行為でも皮膚などで摩擦を起こしてしまうのです。
毎日の何気ない事が実は、黒ずみの原因になっているのです。

ショーツによる擦れが原因で黒ずみになったエピソードはこちら

デリケートゾーンの黒ずみ解消グッズランキングトップ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*