メラニン色素は黒ずみの正体

デリケートゾーンが黒ずむ3つの原因!

メラニン色素とは表皮の下にあるメラノサイトという細胞で作られる色素で、これが多く生成されると、顔にシミができたり、デリケートゾーンが黒ずんだりします。

メラニン色素が沈着

メラニン色素とは

肌は外部から刺激を受けた際、メラニン色素を出して肌を保護しようとするため、それによって肌が黒くなるわけですが、デリケートゾーンは顔などよりも皮膚が薄いため、メラニン色素が生成されると他の部位よりもさらに黒く見えてしまうのです。
更にメラニンが増加すると、黒ずみの元となる色素沈着が起きやすくなってしまい、逆に不潔にしていると、ヒダの部分に恥垢がたまったり、汗や皮脂によってかゆみが生じ、炎症の影響で黒ずんでしまうことも原因になります。
顔にできるシミと同じようにメラニンが沈着するようになるとデリケートゾーンの黒ずみが目立つようになります。

メラニン色素はなぜ生成される

ジーンズを履く女性
一般的には、太陽の光の紫外線を浴びることによってメラニンは作られますが、摩擦の刺激によってもメラニンは作られます。
そして過剰生成されたメラニンが排出されずに溜まってしまうと、黒ずみになるのです。
ということは、摩擦をなくす、もしくは摩擦を軽減すればいいのです。
ですが、デリケートゾーンは角質層が薄く、下着やナプキンなどの摩擦や脱毛によって刺激を受ける事が多くデリケートゾーンが黒ずみやすくなります。
化学繊維をつかった下着や身体に密着するジーンズなどの着用で摩擦によって刺激をうけやすくなりデリケートゾーンが黒ずみの原因となってしまうのです。
また 入浴時に、綺麗にしようとタオルなどで強く洗い過ぎると、それが刺激となってメラニンを発生させてしまいます。
男性は自分の黒ずみは気にしないが、女性の黒ずみは結構気になりますので、女性の方は黒ずみのケアをするといいでしょう。
性行為時に赤っ恥を書いてしまう女性も少なくありません。

性行為の摩擦による色素沈着が原因で黒ずみになった詳しいエピソードはこちら

デリケートゾーン黒ずみ解消!!口コミ人気商品ランキングトップ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*