加齢によるホルモンバランスの乱れ

デリケートゾーンに黒ずみができる要因を知ろう!

歳をとると当然老化が始まってしまいます。
もちろん肌も老化してしまい、古い角質が肌に残るようになってしまいます。
それによってメラニンが色素沈着してしまって黒ずみが出来てしまいます。
肌は約28日周期で新陳代謝(ターンオーバー)し、表皮の細胞が入れ替わっていきます。
これが正常に働けば、新しい肌が生まれると古い肌は少しずつ押し上げられていき、最後には垢やフケとして剥がれ落ちていきます。

加齢による新陳代謝の乱れ

加齢を表す砂時計
メラニン色素で黒ずんだ肌も入れ替わって元に戻っていくのですが、年齢を重ねて加齢により新陳代謝が乱れてしまうとコラーゲン作りに欠かせないエストロゲンという女性ホルモンが低下してしまいます。
ホルモンバランスが乱れると、周期が28日以上になるため古い肌が剥がれ落ちにくくり、メラニン色素として沈着してしまい黒ずむのです。

女性ホルモンが影響する

ホルモンバランスが崩れる女性
女性ホルモンの分泌量で肌の色が変化し、乳首や陰部は女性ホルモンの分泌量によって色が濃くなる傾向があり、 妊娠時や月経の前後にも見られる現象で、赤ちゃんの授乳や出産に備えて体が肌を守ろうとしてメラニンを増産させるので、デリケートゾーンが黒ずんでしまいます。
妊娠すると、よりホルモンバランスの影響で起きやすくなるのですが、毎日の不規則な生活や食生活の乱れやストレスにより、ホルモンバランスを崩してしまいます。
すると、ターンオーバー(肌のサイクル)が乱れてしまい、古い角質がなかなか出なくなり、黒ずみの原因となる事もあるのです。
こうして見てみると、普段の何気ない生活の中で原因が起きているんですね。

デリケートゾーンの黒ずみ解消にオススメ!人気商品ランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*