優しく洗おう!デリケートゾーンの黒ずみケア

日常生活で出来そうなデリケートゾーンの黒ずみケア

デリケートゾーンに黒ずみが出来てしまうとすごく不衛生に見えるのでイメージが悪くなってしまいます。
最近ではデリケートゾーンのムダ毛を脱毛して清潔にする人も増えてきていますが、黒ずみが出来てしまっているとすべてが台無しになってしまいます。
日常生活での対処法を挙げていきますので、実戦して黒ずみを解消していきましょう。

洗うときに刺激を与えない

ソープのやさしい泡
お風呂でデリケートゾーンを洗う時に強く擦るようにしないという事、タオルでふく時にも同様に擦らない、そういった事を心がけましょう。
洗いすぎは、皮膚に必要な菌まで流してしまい、肌の自浄作用が弱まり、黒ずみだけでなく、ニオイの原因にもなります。
洗いすぎにより、肌に必要な常在菌がいなくなることで、デリケートゾーンの粘膜部分の免疫力が落ち、雑菌が繁殖しやすくなり、『臭いが強くなったり』、『かぶれ』や『かゆみ』などの炎症やカンジダ膣炎などの性病になるリスクも高くなります。
私たちが普段使用する石鹸には、肌質と同じ弱酸性石鹸の他に、肌質と正反対のアルカリ性の石鹸があります。
デリケートゾーン部分の皮膚は薄く敏感な為、アルカリ性だと洗浄力が強すぎるため、乾燥を引き起こし、『かゆみ』や『炎症』の原因になります。
デリケートゾーンの洗浄は、最低限、肌と同じ成分の『弱酸性石鹸であれば良い』です。
最近は、デリケートゾーン用の石鹸なども販売されていますが、違いは防腐剤や、界面活性剤など肌に負担になる成分がはいっていないということです。
弱酸性であり、天然由来の洗浄成分や殺菌成分で配合されており、デリケートゾーンに必要な菌を残しつつ、優しく洗い上げることができるのがデリケートゾーン専用石鹸の特徴です。

デリケートゾーン黒ずみ解消!オススメグッズランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*