日々の行動に注意してデリケートゾーンの黒ずみ予防

デリケートゾーンの黒ずみ予防について

デリケートゾーンは体の中で刺激を受けやすい部位なので黒ずみも出来てしまう事が多いです。
しかも刺激を受けてしまうのはほとんど日常生活に中にあります。
黒ずみの発生や悪化は、日々の下着などの刺激や摩擦から肌を守り、正しくケアしていくことで黒ずみの悩みを解消でき、ニオイも抑える事ができますので、エチケットや今後の対策として覚えておくと毎日のケアに活かせると思います。
以下の事を常に意識して黒ずみが出来ないようにしっかり予防していきましょう。

日常生活で注意する

ゼッタイ掻かない

掻かないように注意する女性
「体を掻く」というのは良い事が何もありません。
無意識に掻いてしまうこともあるかと思いますが、強く掻いてしまうと、その部分にメラニン色素が生成されてしまいます。
そして皮膚の表面に沈着してしまいます。
特にデリケートゾーンは皮膚が薄いので、簡単に皮膚のバリアが壊れてしまいます。
掻き壊してしまうと炎症を伴い症状が更に悪化してしまいます。
デリケートゾーンを掻かないようにするためには下着選びもポイントです。
自然素材のコットン100%の下着を選んでみてください。(キツすぎないサイズ感を選ぶのもポイントです)。

トイレ時は擦らない

トイレ時の女性
トイレットペーパーでゴシゴシ拭くのは要注意で、デリケートゾーンには敏感な粘膜もあります。
吸湿性のよい柔らかなペーパーでこすらずに抑えるように拭くようにすると良いです。
また生理中は、ナプキンをこまめに交換し、ずっと同じものをつけたままにするのは炎症の原因になり、黒ずみの原因になります。
生理中は、特にデリケートゾーンの衛生面に気を配ることが大切です。

衣服選びは摩擦に留意

衣服選びのイメージ
黒ずみに一番大敵な摩擦は、普段身につける衣服によっても大小が左右されます。
締め付けられるジーンズや、ズボンなどでは擦れる為、黒ずむ確率が上がってしまいます。
スカートを履くのが難しい方はせめてゆったりとしたズボンを履くようにしましょう。

座り過ぎに注意

イスに座っている女性
デリケートゾーンは下着や衣服との摩擦を受けているだけではなく、常に圧迫されています。
特にデスクワークが多い人は一日中イスに座っている状態なので、圧迫されることにより角層が厚くなって、その結果黒ずみに繋がっていくのです。
ですから、定期的にイスから立ち上がり、通気性の良い下着を着たりすることで少しでもデリケートゾーンの圧迫を軽減させてあげることが大切だと言えます。

デリケートゾーン黒ずみ解消!役立つ人気商品ランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*