入浴時に使う石鹸選びは的確に

デリケートゾーンの黒ずみを予防する3つのポイント

デリケートゾーンを洗う時はボディソープを使用して洗う事が多いと思います。
その際、ついつい綺麗にしたいと思いが強くボディソープを刺激の強いものを選ぶとあまり良いとは言えません。

適正な石鹸で体を洗う

自然素材の石鹸
デリケートゾーンの皮膚は薄いので特に敏感な部位でもあります。
皮膚に必要な菌まで流してしまい、黒ずみだけでなく、ニオイの原因にもなります。
肌に合わないと痒みが起こることもあります。
痒みに抗えずに掻いてしまうと黒ずみや炎症が起こってしまいます。
デリケートゾーンは自然素材の石鹸や弱酸性のボディソープは、肌に優しく健康に保ちながら洗う事ができて、なおかつ身体に有効な常在菌を守りながら、雑菌の侵入や繁殖を防いでくれます。
できればデリケートゾーン専用の石鹸を使用しましょう。
お湯のみで洗い上げるのも良いですよ。
「泡立てネット」でよく泡立てて、泡をデリケートゾーンに乗せて2分間程置いてから、ぬるま湯で洗い流すのがベストです。
泡でも十分綺麗に洗い流すことができます。

ジャムウソープを使う

肌にやさしい成分の泡
乳首や乳輪、わきの下などにも使用可能な黒ずみ対策としても有名な石鹸です。
臭いを洗い流す作用を持つハーブと、肌にやさしいパーム油で作られた天然技術の総称を「ジャムウ」と呼びます。
肌にやさしい成分で作られているため、洗浄中の摩擦も比較的少なく、ごしごし洗わなくてもしっかりとにおいや汚れを取り除けます。
どんな良い石鹸を使っていても、ごしごし洗うという行為自体が一番危険なので、あくまで泡で洗うというのは守ってください。

デリケートゾーンの黒ずみ解消!オススメ商品ランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*