黒ずみを防ぐためには潤いを

黒ずみを防ぐためにしておきたい予防法

刺激や摩擦によるダメージを受けているデリケートゾーンは乾燥しがちで、お肌が乾燥すると固くなり肌荒れの原因となり、さらに黒ずみを悪化させます。

保湿はしっかり

保湿する女性
ボディクリームなどを粘膜部分以外のところへ塗布ししっかり保湿すると黒ずみ予防になります。
ボディクリームなどがない場合は、顔につける化粧水や乳液、クリームなど保湿性の高いものでも代用できます。
特に脱毛後や締め付けのきつい下着を着用した後などは、いつもよりデリケートゾーンに強いダメージを与えるので、しっかり保湿することが黒ずみ予防になり、解消にも不可欠です。
スキンケア用は、肌を清潔に保つ殺菌作用のある成分がはいっていないものが殆どなので、保湿をする際には、専用のクリームなどを使うと良いと思います。
また、クリームを塗るタイミングも大切になります。

入浴後やムダ毛の処理前後は念入りに

入浴後の女性
入浴後は、肌の保湿成分まで流れ落ちてしまい、無防備な状態でダメージを受けやすいので、お風呂上りの保湿ケアはとても大切です。
さらに、ムダ毛の処理前後はさらに注意が必要です。
処理前にクリームを塗布しておくと、肌の負担も最小限に抑える事ができます。
また、処理後には必要な角質まで落としてしまうのでしっかりとケアする事が大切です。
立ち仕事をされている方などは、下着の摩擦など気になると思います。
朝の出掛ける前の保湿ケアで潤いを保つ事で予防する事が出来ます。

イビサクリームでしっかりケア

イビサクリーム
デリケートゾーンが一度黒ずんでしまうと、新陳代謝も他の皮膚と比べて悪いのでなかなか内側からの回復を待つことも難しいものです。
外側から美白有効成分として医薬部外品登録されているトラネキサム酸と、肌荒れを防止し肌を整える効果のあるグリチルリチン酸2Kが配合されているイビサクリームで、効果的な黒ずみ対策をして積極的に悩みを解消していきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ解消!人気商品ランキングトップへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*