デリケートゾーンの黒ずみ解消ナビ!売れ筋人気商品ランキング

更新情報:2017.2.24 20:10 更新

デリケートゾーンの黒ずみ、一人で悩んでいませんか!?

ショックを受ける女性

多くの女性にとってデリケートゾーンの黒ずみは深刻な悩みの1つ。
肌の露出が多い夏はもちろん、温泉や彼との旅行など、デリケートゾーンに黒ずみがある事でついつい消極的になっていませんか!?
近年ではVIO脱毛に挑戦する女性も多く、今まで隠れていた部位の黒ずみを見てガッカリするケースも多いようです!

『デリケートゾーンの悩みは人にも言えないし、解消法がわからない
『お医者さんに診せるにも恥ずかしいし、保険がきかないから高くて通えない
『デリケートゾーンの黒ずみが気になって、何もかも心から楽しめない
そんな女性の悩みを解消したいあなたのために!!
海でのデリケートゾーン
このサイトでは、デリケートゾーンの黒ずみの悩みを解消するのにオススメの商品を、人気ランキングにして紹介したいと思います。
黒ずみの悩みをスッキリ解消して、自信を取り戻しましょう!



デリケートゾーンの黒ずみ解消にオススメ!人気ケアグッズランキング

イビサクリーム

人気No.1顧客満足度96.7%の究極デリケートクリーム「イビサクリーム」

日本で一番人気があるデリケートゾーン用クリームです。
デリケートゾーン専用のサロンからも長年悩んでいた黒ずみを解消できたとの喜びの声を続々頂いています。
さらに、からだの黒ずみ解消商品として、美容専門雑誌・新聞や、メディアに多数掲載されています。
女の子の「アソコの黒ずみ」の悩みを解消すべく、デリケートゾーンケア専門チームが力を結集させて開発!
「イビサクリーム」
デリケートゾーン以外の乳首や、ワキ、ひざ、くるぶしなどの黒ずみ解消したい場合にも使えます。
黒ずんでいて、彼氏から不潔扱いされて、嫌われたら大変です。
「イビサクリーム」を使えば、気を全く使わずに、彼氏とハッピーなHが出来たり、水着を着れたり、自分に自信を持て、今までの黒ずみの悩みがスッキリ解消します。
安心・安全面にも充分配慮しました。
無添加、医薬部外品で、品質管理にこだわった国内工場で、製造されています。
「イビサクリーム」は、まず、黒ずみをしっかりケアするための2大薬用成分を配合しています。
・トラネキサム酸(黒ずみを薄くして、美白する)
・グリチルリチン酸2K(肌荒れを防止して、お肌をしっかり整える)
きれいな肌をサポートします。
「イビサクリーム」が多くの女性に選ばれて、愛される理由の一つです。
さらに、4種類の植物成分を配合することで、黒ずみの基となるメラニン生成をストップさせます。
・サクラ葉抽出液(保湿性、坑炎症作用)
・カモミラエキス(炎症抑制、保湿作用)
・ダイズエキス(保湿性、坑炎症作用)
・オウゴンエキス(美白、坑炎症作用)
デリケートゾーンを理想的な状態に整え、健康な肌サイクルを自然に導きます。
さらに、厳選された8種類の潤い成分で、デリケートゾーンをしっかり保湿します。
抗菌性にも優れていて、デリケートゾーンを理想的な状態に保ちます。
・ローズ水
・ヒアルロン酸ナトリウム(2)
・シロキクラゲ多糖体
・乳酸ナトリウム液
・1,2ーペンタンジオール
・1,2ーヘキサンジオール
・グリセリン
・BG
しかも、敏感肌にもやさしい、添加物を全く配合していない、赤ちゃんでも使える商品なので安心です。
60日間の返金保証までついていますので、誰でも気楽にお試し頂けます。

イビサクリームの口コミ情報はこちら

イビサクリーム公式サイト



ハーバルラビット

こだわりの4種の美白成分をギュギュっと凝縮

肌へのダメージや乾燥によるメラニン色素の過剰発生によって発生する黒ずみ。
ハーバルラビットはそんなメラニン色素が沈着するのを抑制する作用のある、水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体、米ぬかエキスといった4種類の美白成分を贅沢に配合しています。

そのため、1日2回デリケートゾーンの黒ずみに優しく塗ることにより、透明感を実感できる肌へと導いてくれます。
また、保湿成分として大きさの異なるトリプルヒアルロン酸、命の元と言われるトレハロースが肌の芯にまで潤いを与えます。
さらに肌のバリア機能を保護するセラミドがお肌の潤いを守り、しっとりとした肌の状態を保ちます。
さらに、界面活性剤、着色料、アルコール、シリコン、添加物は一切配合していないため、敏感肌の人の使用も安心です。
周囲の人には知られずに使用できるよう、パッケージも黒ずみケア商品だとわからないように工夫されており、匂いも爽やかな野バラの香りがするので安心です。
そして、初めての購入の方に『全額返金保証制度』を設けているため、肌に合うか心配な方や、効果があるのか不安な方にも安心です。

ハーバルラビットの口コミ情報はこちら

ハーバルラビット公式サイト



ヴィエルホワイト

デリケートゾーンの黒ずみ解消には、美白と保湿成分たっぷりのヴィエルホワイトがオススメ

ヴィエルホワイトはデリケートゾーンの黒ずみが年々濃くなったり、洗えば洗うほどくすんだり、ケアするのにエステに行く時間がないという方にオススメのデリケートゾーン専用のリポゾーム化美白エッセンスです。
ヴィエルホワイトには3種類の美白成分と11種類の保湿成分が配合せれています。
そもそも、デリケートゾーンはちょっとした摩擦でも傷つきやすく、再生力も低い場所。
肌の表面のかさつきや、内側からのくすみが浮き上がり、古い角質による黒ずみが目立つようになります。
デリケートゾーンの肌表面と内側に、美白と潤いの成分をたっぷりと与える「美潤」ケアが大切です。
ヴィエルホワイトに配合されている美白成分成分は、トラネキサム酸をはじめとする3種類。
保湿効果がある成分はトリプルヒアルロン酸など3種類、透明感を与える成分は2種類、エイジングケアには3種類の成分が配合されています。
更に保護成分として、セラミド、リポゾーム化カンゾウ葉エキス、テンニンカ果実エキスが配合されています。
ヴィエルホワイトのこだわりは、他にもあります。
美白成分をより浸透させるため、クリームではなく、純度が高い美容液タイプ(ジェルエッセンス)にしています。
また、プッシュ式容器にすることで、雑菌混入の心配がありません。
使用方法は、1回のケアで2〜3プッシュを手にとり、指で優しく塗り込むだけです。
朝晩の2回、毎日ケアして、デリケートゾーンの悩みを解消しましょう。

ヴィエルホワイトの口コミ情報はこちら

ヴィエルホワイト公式サイト



ピューレパール

エステ級の美肌効果、ピューレパール!

今回はワキの黒ずみ解消にホントに良いクリームをご紹介します。
ピューレパールです。
商品コピーには、[「わきの黒ずみ」解消に エステ級ジェル誕生!!]とあります。
エステ級ですって、すごいですよね!
ホントにエステ級にきれいになるのか、使ってみたくなります。
実際に使った感想は、いろんな意味で顔用のオールインワンジェルみたいです。
容器の見た目も、白くて小ぶりでお上品です。
中身のクリームも、白色で少し固めのジェル状です。
塗り心地も、よく伸びてオールインワンジェルそっくりです。
効果もよかったです、たしかに[エステ級]です。
ホントに毛穴が殆ど見えなくなりました。
ただ、それまでに約1〜2週間くらいかかります。
それまでは、むしろ黒ずみ解消というより、ツヤツヤ美肌効果のほうがあります。
ワキの下用のものなのか疑問なくらい、顔用の美容クリームと同じくらいの美肌効果です。
しかも、美肌効果は一回の使用でもハッキリわかります。
夜、寝る直前に手に塗ってみたら、翌朝しっとり・スベスベになってました。
それ以来、手にも塗っています。
このクリームは「ワキに限らず全身に使用可」で有名です。
口コミでも「デリケートゾーンに使っても黒ずみが解消した」というものが多いです。
多くの人たちにベタ褒めされていますが、ごく一部に「合わなかった」というものもあります。
このクリームには、米ぬか抽出成分も配合です。
なので、米ぬか成分が合わない人だと炎症などの場合もあるようです。
購入前に、この点は注意して下さい。

ピューレパールの口コミ情報はこちら

ピューレパール公式サイト



これが正解!デリケートゾーンの黒ずみの対処方法

下半身を押さえる女性

女性なら気にしてしまうデリケートゾーンの黒ずみ。
元の肌色に近づけたり、これ以上濃くせずにすむ対処法ってあるの?
そういう思いを抱いている人も多いでしょう。

部位が部位だけに、他人にはなかなか相談しにくい悩みです。
それだけに解決も難しいと思いがち。
もし相談できたとしても、デリケートゾーンの黒ずみについて知識を与えてくれる人も少ないでしょう。

このサイトでは、そんな悩みを抱えている人のために、「どうして黒ずみができるのか」を解説。
その知識に基づいて、自分でできるケアのやり方と、対処方法をまとめました。
知識を自分のものとして、是非これから毎日実践に励んで下さい。
結果はあなたの努力次第です。



デリケートゾーンの黒ずみはどうしてできるの?

【デリケートゾーンの黒ずみの理由1 肌の摩擦】

デリケートゾーンの黒ずみの理由1 肌の摩擦

夏に水着を着用する時、デリケートゾーンの黒ずみが気になるという人は多いでしょう。
黒ずみの原因ですが、下半身のヘアの辺りは皮膚が薄く、他の厚い皮膚よりデリケートな部位です。
そのため刺激・摩擦が少しでも強いと色素の沈着を起こし、それが結果的に黒ずみとなります。

デリケートゾーンの黒ずみ・カミソリでムダ毛処理

下半身のヘアのお手入れにカミソリ類を使用すると、その後何度も処理を繰り返さないといけません。
これは悪循環で、自ら黒ずみの原因を作り出しているようなものです。

▼デリケートゾーンのヘア処理の最適な方法は?

デリケートゾーンのヘア処理の最適な方法は?

皮膚に刺激のあるカミソリを使うよりも、エステサロン、あるいは脱毛サロンでフラッシュ脱毛を受けたり、レーザーによる脱毛を医療機関で行うほうが良いでしょう。

【デリケートゾーンの黒ずみの理由2 小さい下着】

デリケートゾーンの黒ずみの理由2 小さい下着

様々なデザインを楽しむため、いくつもの下着を所有している女性も多いでしょう。
もし食事・ストレス等で体型が変わった場合、それまでの下着が小さいと思えるのは当然のことです。
しかし節約精神から、多少きついと感じても、そのまま小さな下着をつけ続ける人が少なくないはず。

▼小さすぎる下着を使い続けていると

小さすぎる下着を使い続けていると

下着が皮膚に圧力をかけて血行の悪化を招いたり、肌へ刺激を与えてデリケートゾーンの色素を沈着させてしまいます。
体型変化を意識した場合、肌への影響の強い下着は買い換えるのがベスト。
これまでよりランクが上のものを使えば肌も安心です。
毎日の生活では、体型そのもののチェックも細かく行いましょう。

【デリケートゾーンの黒ずみの理由3 ホルモンのバランスの悪化】

デリケートゾーンの黒ずみの理由3 ホルモンのバランスの悪化

生理を迎える直前になると、女性は普段よりもホルモンのバランスが崩れやすくなります。
不安定なホルモンバランスの期間は、肌がちょっとした刺激にも反応しがちです。
それまで皮膚に問題がない人ですら、通常の化粧品や肌に触れる服のせいで何らかのトラブルを起こすことが多く、当然、デリケートゾーンにも影響があります。
その影響で黒ずみが出来やすくなるのを知っておくべきです。



デリケートゾーン黒ずみ解消のための4つの方法

【方法その1 保湿に気をつける】

保湿に気をつける

デリケードゾーンは、刺激や摩擦によって毎日ダメージを受けています。
おまけに皮膚は乾燥しがち。お肌の乾燥は硬質化を招き、肌が荒れる要因となります。
それが黒ずみをさらに悪化させるのです。

とにかく乾燥は大敵。
しっかりした保湿のために、粘膜部分以外のデリケートゾーンへボディクリームなどを塗布しましょう。
ボディクリーム以外でも、顔の美白用の化粧水、あるいは乳液やクリームなどでもオーケー。
保湿性が高いものなら十分使えます。

【方法その2 洗い方も大事】

洗い方も大事

デリケートゾーンに関する悩みで、黒ずみと並んでよくあるのが「におい」。
においの原因を絶とうと、ナイロンなどのブラシにたっぷり石鹸をつけ、神経質なくらいしつこくこすってしまう人がいます。

しかしこれは逆効果。
普段からデリケートゾーンは、常在菌が自浄作用によって弱酸性の状態を保っています。
そのことによって、雑菌などの発生を抑えているのです。
しつこくボディーソープなどでこすってしまうと、その常在菌がやられてしまい、におい、かゆみなどがむしろ増加する結果に。

ナイロンブラシを使うと、その刺激によって黒ずみが増進する場合があります。
ブラシの使用を避け、丁寧に泡立てた弱酸性の石鹸、あるいは刺激の少ないボディーソープで軽く洗うだけでも、デリケートゾーンは充分綺麗になります。
黒ずみを生む古い角質、毛穴の汚れなども取り除くことが可能です。

【方法その3 肌の新陳代謝をアップさせる生活習慣を】

肌の新陳代謝をアップさせる生活習慣を

これはデリケートゾーンに限りませんが、皮膚の細胞は日々古いものが死に、新しいものに置き換わり続けています。
この作用によって新鮮さを保っているわけです。
この仕組みをターンオーバー(新陳代謝)と呼びます。
通常は28日周期によって置き換えが行われますが、年齢や健康状態、生活ぶりによって違いが出てきます。

このターンオーバーが停滞すると、当然、黒ずみが促進されることになります。
新陳代謝をうながすためには、バランスのいい食事、そして規則正しい生活が大事です。

【方法その4 デリケートゾーン用の美白クリームの使用】

デリケートゾーン用の美白クリームの使用

欧米諸国では、VIO脱毛によるオールオフ(全ての毛を処理する事)が当たり前なので、デリケートゾーンの黒ずみ対策商品は多数販売されています。
しかし、それらの商品はあくまで外国人用。
日本人が使用すると成分が合わず、皮膚への刺激が強すぎるという話もよく聞きます。

最近、日本でも「ビキニラインのヘアは脱毛処理に」という人が多くなってきました。そのため、日本人向けのデリケートゾーンの美白化粧品も増えてきています。
以前より体質に合った商品がそろい、ケアがちゃんとできる環境が整ってきたのです。



毎日の手入れでデリケートゾーンの黒ずみや臭いは防げる!

毎日の手入れでデリケートゾーンの黒ずみや臭いは防げる!

デリケートゾーンの黒ずみや臭いを防ぐには、普段から下着など外部の刺激・摩擦を避けること。
そして、洗う場合も強いソープを使わず、常在菌を守るのが大切です。

正しいお手入れや対策を意識して行えば、デリケートゾーンの黒ずみや臭いの悪化を抑制可能。
軽い黒ずみなら薄くすることもできます。
特に臭いの抑制は、やり始めてすぐに効果が分かるほど…。エチケットにもなりますので、是非ケアの方法を覚えておきましょう。

【デリケートゾーンの洗いすぎはかえって黒ずみや臭いの元に】

デリケートゾーンの洗いすぎはかえって黒ずみや臭いの元に

デリケートゾーンをお手入れする時、清潔に保つ気持ちから、強く念入りに洗ってしまいがちです。

しかし大陰唇や小陰唇には、バリア機能の働きをする常在菌の存在が大切。
それまで洗い落とすと、かえって臭いが強くなります。
しかも洗う行為が摩擦や肌の刺激を生み、黒ずみを作り出す場合もあります。
特に膣内は本来自浄作用を持っていますから、特に丁寧に洗う必要はありません。
洗いすぎると、必要な菌まで皮膚から流してしまいます。肌の自浄作用を保ち、黒ずみ、臭いを防ぐには、洗いすぎないことが大切なのです。

デリケートゾーンを洗いすぎると、肌を守る常在菌が流され、粘膜の部位の免疫力が落ちます。
そうなると、雑菌が繁殖しやすい環境に。
『臭いが強くなる』どころか、『かぶれ』や『かゆみ』などの炎症、それにカンジダ膣炎などの性病にかかりやすくなるのです。
日頃から、デリケートゾーンを正しい洗い方でケアすることが大切。
黒ずみの発生・悪化の防止はもちろん、肌を健康に維持できます。
ケアの方法は以下の部分を参考にしてください。

【デリケートゾーンを洗うなら弱酸性の石鹸で】

デリケートゾーンを洗うなら弱酸性の石鹸で

商品として出回っている石鹸には2種類あります。
肌質と同様な弱酸性のもの、それとは反対のアルカリ性のものです。

デリケートゾーン部分の肌は薄くて敏感です。
アルカリ性の石鹸は洗浄力が強すぎ、洗うと皮膚が乾燥します。
その乾燥が『かゆみ』や『炎症』を引き起こすのです。
デリケートゾーンの洗浄は「ほどほどに」が原則。
肌質と同じ『弱酸性石鹸が良い』のです。

デリケートゾーン用の石鹸も、最近は手に入ります。
普通の石鹸との違いは、防腐剤、界面活性剤など、肌に悪い成分が含まれていない点です。
弱酸性、そして天然由来の洗浄成分と殺菌成分を配合。
肌を守る常在菌を残しながら優しく洗えるのが、デリケートゾーン専用石鹸の特徴です。

デリケートゾーンの石鹸の選び方に関しては、『初めてのデリケートゾーン黒ずみ用石鹸の選び方と正しい使い方』を参考にしてください。

【正しいデリケートゾーンの洗い方の手順・注意点】

正しいデリケートゾーンの洗い方の手順・注意点

これまで述べた通り、デリケートゾーンの肌は薄く、繊細です。
入浴の際は、とにかく刺激を与えないことが大切。

弱酸性の石鹸を使うことが肝心なのですが、『洗い方』にも注意が必要。
他の部位と同様にナイロンタオル等で強くこすると、これも黒ずみの原因に。
泡立てた石鹸だけでも、肌の汚れは落とせます。
デリケートゾーンにも、肌を刺激しない『泡パック』の洗浄で毎日のケアを行うべきです。

泡パックでの洗い方と手順

泡パックでの洗い方と手順

1、泡立てネットを使って弱酸性の石鹸をよく泡立てる

石鹸は必ず弱酸性の石鹸を使用。
アルカリ性ではダメです。
石鹸の泡は汚れを吸着し、包み込む働きをします。

それには、泡立てネットを使うことが大事。
水またはお湯で、キメ細かい泡になるまで、よく泡立てて下さい。
ボディタオルでも代用は可能ですが、ネットの方が簡単です。
キメが細かくフワフワな弾力のある泡ができます。
おすすめの弱酸性石鹸については別記事を参考にしてください。

デリケートゾーンに泡を置いたら、2分以内に洗浄

しっかり泡立てた石鹸の泡を、置くようにデリケートゾーンの部分に塗ります。
パックの要領で最長2分間そのままに。
それ以上だと、肌に必要な成分も吸着してしまいます。
『置き時間は2分以内』を目安に。

月経(生理)時は、洗浄も念入りにしたくなる場合があります。
その場合、泡を押してください。
それだけで洗浄力は高まります。
しつこく洗いたい場合でも、こするのは厳禁です。

洗浄の後はぬるま湯を使う

熱すぎるお湯は、皮膚を刺激します。
『体温より少し暖かい程度の温度のぬるま湯』で優しく洗い流すべきです。
泡パック初心者の方は、洗い方が物足りないと思われるかもしれません。
しかし、デリケートゾーンは、泡パックによる洗浄だけでも十分清潔に保てます。
黒ずみへの対策だけでなく、健康な肌を保つことができます。



デリケートゾーン黒ずみ用ケアコスメを選ぶ時の4つのポイント

デリケートゾーン黒ずみ用ケアコスメを選ぶ時の4つのポイント

黒ずみの原因が、摩擦や圧迫、ホルモンバランスの乱れというのは納得。
でも、だからといってすぐに解消というわけにはゆきません。
大切なのは、ダメージを受けた肌をいたわる方法です。
その場合に役立つのが、デリケートゾーン専用のコスメ

デリケートゾーンの黒ずみをケアするなら、「クリーム」と「石鹸」がその候補に。
でも、この2つはケアのアプローチが全く違います。
黒ずみの悩み解消には「クリーム」がおすすめです。

【アイテムによる黒ずみケアの差】

▼クリームの場合

黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えるため、美白ケアが可能
さらに保湿により、乾燥による黒ずみもケア

▼石鹸の場合

石鹸の場合

肌を清潔にし、細菌発生を抑制
それによって肌のターンオーバーを整える
しかし美白成分は洗い流されるため、黒ずみに対する美白ケアは不可能。
つまり、クリームを使えば美白作用で黒ずみ解消へ導いてくれます。
気になる部分に塗るだけなので、使い方も簡単。

「ジャムウソープ」について耳にされた方もいるでしょうが、どちらかといえばニオイ対策の製品です。
ただ、クリームとの併用でソープを使うのは、黒ずみケアの強化にはなります。

では効果が上がるのはどんなクリームでしょう? 選ぶポイントは4つ。

ケアコスメを選ぶ4つのポイント
1、美白有効成分配合
2、荒れたお肌を整える成分配合
3、保湿成分配合
4、無添加なもの

それぞれチェックしていきます。

【美白有効成分配合】

主だった美白有効成分といえば、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、プラセンタなど。美白成分は色々ありますが、以上のものは医薬部外品の認可を受けています。これらのものなら安心できます。
商品に「薬用」と付いていたら、厚生労働省認可の美白有効成分配合のもの。それらの「薬用化粧品」を選ぶようにしましょう!

【荒れたお肌を整える成分配合】

次のポイントは、肌の荒れを防止・沈静化し、健康に整える成分が配合されているかどうか。
摩擦や刺激に弱いデリケートゾーンは、いつも戦場に身をおいているような状態です。応急処置がすぐにできるか、その体制が整っているかどうか、がポイント。
具体的には、グリチルリチン酸2Kなどがその働きをしてくれます。「グリチルリチン酸ジカリウム」と記載の商品もあります。

【保湿成分配合】

ポイント3つ目は、「保湿成分が配合されているか」
潤いがある肌には、トラブルが起きにくいもの。起きてもすぐに回復します。しっかり保湿可能かがポイントになる、というわけです。
保湿が不十分だと、せっかくの美白成分も効果が半減。保湿成分は必ずチェック!

【無添加なもの】

ぜひ覚えておくべきなのは、デリケートゾーンは皮膚が薄く、とても敏感な部位ということ。
その製品に美白や保湿効果があっても、刺激になる添加物が多すぎると無意味です。肌にやさしい処方になっているかどうか——。
デリケートゾーンケアで重要なポイントです。



デリケートゾーン専用クリームで黒ずみを改善する期間

デリケートゾーン専用クリームで黒ずみを改善する期間

デリケートゾーンの黒ずみケア製品は、美白成分を用いながら、ターンオーバーを正常化して肌の状態を改善していくものです。
美容クリニックでレーザーを用いるような、黒ずみの部位を直接治療する方法ではありません。
効果がすぐに現れにくいので、途中で使用を挫折する方も多いようです。

挫折を防ぐには、使用前の黒ずみの写真を撮っておくことがオススメ。
以後も一か月ごとに写真を撮ることで効果が実感でき、モチベーションもあがります。
継続使用する意欲がわきますので、写真により定期的に効果のチェックをすべきです。
効果を得るには、症状の度合いによって最低3か月から1年かかります。
完治までにはさらに継続使用が必要です。
ですので、どうしても短期間で黒ずみを改善したい方は、最初から美容クリニックのレーザー治療をお勧めいたします。



黒ずみの悪化を防ぐにはムダ毛の処理方法も大切!

黒ずみの悪化を防ぐにはムダ毛の処理方法も大切!

デリケートゾーンのムダ毛は、処理の仕方が大切。
間違えると黒ずみの原因になります。
自宅での処理には、『カミソリ』や『シェーバー』、『除毛クリーム』などを使用する方が多いでしょう。
しかし、あまりに何度も行うと皮膚に刺激を与え、乾燥を促します。
そうなると黒ずみができやすくなります。

自宅でのムダ毛処理は、肌に負担の少ないもの、『ペンタイプの電気シェーバー』や『レディース用のT字型カミソリ』で行いましょう。
ヘッドが動く3枚刃か4枚刃なら一気にムダ毛が剃れます。
肌へあてる回数が減るので肌の負担が少なくなり、おまけに安全です。

電気シェーバーはペンタイプがオススメ。
扱いやすい上、デリケートゾーンのvioラインの細部まで処理が可能。
力を入れなくても、滑らすだけでむだ毛処理ができます。
肌への負担もほとんどありません。
カミソリを使うと、手動のために力加減が難しく、肌の薄い表面をそぎ落とす心配があります。
できるなら電気シェーバーでの処理がおすすめです。

【正しいムダ毛処理の手順】

正しいムダ毛処理の手順

1、事前の保湿が大事

処理前にデリケートゾーンの保湿をしておきます。
湿り気がシェービングによるダメージから肌を守るのです。保湿の方法は、上記の『デリケートゾーンの保湿の方法』を参考に。

2、長いムダ毛は短くカット

長いムダ毛は、電気シェーバー処理がしにくいものです。また、引っかかりで肌を傷つける原因にもなります。ムダ毛が長い場合は、処理前にハサミでカットしておきます。

3、シェービング用のジェルを使用

ジェルに関しては、刺激の強い男性のシェービング用のものは避けて下さい。敏感肌用のシェービング用のジェルなら、保湿・美容成分が多く含まれているので安心です。

4、シェービングは上から下に

ジェルで肌を保護しながら、上から下に向かって処理してください。毛の流れに逆らわないことが大切です。流れに逆らうと、肌へ負担をかけるだけでなく、出血しやすいので注意が必要です。見えにくい箇所は手鏡を使ってください。

【自己処理の負担をなくすためにも脱毛がオススメ】

自己処理の負担をなくすためにも脱毛がオススメ

デリケートゾーンを自己処理していると肌に負担をかけます。
それは黒ずみの大きな原因に…。黒ずみ対策のためにも、脱毛サロンや美容皮膚科で行われているVIO脱毛をおすすめします。
VIO脱毛を行えば、自己処理の必要がなくなり、埋没毛や色素沈着による黒ずみ(肌へのダメージが原因)が解消する場合もあります。
費用はかかりますが、脱毛サロンもコストダウンを行っているので、一度検討することをおすすめいたします。

▼脱毛サロンのVIO脱毛

脱毛サロンのVIO脱毛

主に行われているのがフラッシュ脱毛(光脱毛)という方法。痛みが少なくてすみます。
コストが安いのもメリットですが、比較的ムダ毛が濃い場合、自己処理が必要なくなるレベルまで1年〜2年程度かかります。
ただ、ムダ毛が生えてくる周期も遅くなるので、処理回数が少なくなり、肌の負担も減ります。費用を少なくしたい場合、脱毛サロンを選ぶのがいいでしょう。

▼美容皮膚科やクリニックのVIO脱毛

美容皮膚科やクリニックのVIO脱毛

脱毛サロンより多少費用はかさみます。
しかし、早く効果を得たいなら、美容皮膚科やクリニックによるレーザー脱毛がオススメ。
ムダ毛の濃い場合も、半年〜1年ほどで自己処理が不要になるくらいの効果が期待できます。
少々痛みがありますが、医師が在籍しているため安心。敏感肌の方もアドバイスを受けられます。



出産後も黒ずみには注意が必要!?

出産後も黒ずみには注意が必要!?

肌が刺激を受けることでメラニン色素が生成され、その色素が沈着してしまう。
それが黒ずみの原因なのですが、デリケートゾーンに関しては、普段よりも一段と黒ずみやすい時期があります。それが、出産後です。

経験者ならご存知でしょうが、妊娠中、メラニン生成が活発な部位は黒ずみやすくなります。
よく聞くのが、<strongclass=”st04″>「妊娠をしたら乳首が黒ずんでしまった」という話。
確かに妊娠で乳首が黒ずむのは珍しいことではありません。

乳首と同様、デリケートゾーンやワキもメラニン色素が活発な場所。妊娠すると黒ずみやすくなります。

なぜ妊娠の時、メラニンの活発な部位が黒ずんでしまうかというと…
妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えます。
増量した女性ホルモンが、メラニンを生成するメラノサイトを刺激。
そのためにメラニンも普段より増えてしまうのです。

さらに、エストロゲンと言われる女性ホルモンもその要因。
このエストロゲンは肌の状態を保ってくれるものです。
妊娠や出産でエストロゲンのバランスが崩れると、乾燥などにより肌の健康状態が悪くなってしまうのです。
当然デリケートゾーンの肌もダメージを受けやすくなり、刺激を感じた結果、肌を守るためにメラニンが生成されます。
それにより、肌が黒ずみやすくなる、という連鎖作用が生まれます。

出産後は何かと忙しい時期。
なかなか自分の体にかまっていられません。
でも以上の理由から、出産後にこそ黒ずみケアに気を配ることが大切。
出産後のケアを怠った結果、後から「黒ずみが気になって…」という女性が多いのです。
黒ずみケアと言っても、時間や手間をかける必要はありません。
妊娠中にダメージを受けたデリケートゾーンの肌を、メラニン生成を抑える黒ずみケアクリームで手入れしてあげるだけです。



食べ物で身体の内側から黒ずみを解消

食べ物で身体の内側から黒ずみを解消

デリケートゾーンに限らず、身体全体の黒ずみの予防・改善は肌からの対策ももちろん有効です。
さらに気をつかった食事やサプリメントの摂取により、身体の内部からの黒ずみ予防も可能となります。
つまり体質改善により、黒ずみのできにくい身体にするわけです。
そのために特に必要な栄養素と、それらが多く含まれる食品をまとめました。
参考にした上で、意識して摂取してください。

【健康なお肌には、たんぱく質が必要不可欠】

健康なお肌には、たんぱく質が必要不可欠

たんぱく質は、筋肉・血液・髪の毛など体内の器官を形成する栄養素。
身体の成長や発達に役立ち、外敵と戦う抗体も作ります。

また、代謝速度を調整するホルモンの材料となっています。
細胞の生まれかわりを助けるわけです。
たんぱく質には、動物性(肉類・魚介類・卵やチーズ・牛乳などに含まれる)と、植物性(納豆・豆腐・穀物・野菜などに含まれる)があります。

積極的にたんぱく質を摂る習慣をつけると、肌はみずみずしく健康に。
食品からの摂取が難しい場合は、ソイプロテインもおすすめ。
植物性たんぱく質を豊富に含む大豆を原料としています。
大豆には女性に嬉しい栄養素イソフラボンが多く含まれていてヘルシー。
若々しさを保ちハリのある肌つくりに最適です。
更年期障害を予防するとも言われています。

【黒ずみの原因・メラニン色素の増加を抑えるビタミンC】

黒ずみの原因・メラニン色素の増加を抑えるビタミンC

ビタミンCは、『黒ずみ』や『シミ』、『くすみ』の原因であるメラニン色素の増加を抑制。
また、発生した黒ずみ、シミ、くすみのメラニンを還元する作用もあります。
肌の酸化を防止、コラーゲンの生成を促進するので、肌のハリを高める効果も。

ビタミンCは、果物・野菜・いも類が多く含有。ブロッコリー・みかん・イチゴ・アセロラ・キーウィ・菜の花・ほうれん草・さつまいもなどが代表的なものです。
ドリンクでも多く販売されていて、気軽に摂取可能。

またビタミンCはサプリメントの種類が多いので、常備しておくにも最適。
ただ水溶性なので、一度に多量摂取すると尿として排出されます。
サプリメントでの摂取は、こまめにするのが正解。
毎日適切な量を守りましょう。

【鉄分は『黒ずみ』・『くすみ』解消にも大切】

鉄分は『黒ずみ』・『くすみ』解消にも大切

鉄分の働きで有名なのは、貧血予防や冷え性の改善。
それだけでなく、酵素を身体のすみずみまで運び、黒ずみ、くすみから肌を守っています。
肌の血色が良くなるのは、鉄分のおかげ。
血液の中で赤血球と一緒に酵素運びを担当。
黒ずみや肌荒れ、カサつきなどを防いでいるのです。

鉄分は、汗と一緒に失われます。1日の目安とされている12mg(女性の場合)は是非摂るべきです。
多く含む食品は、牛や豚のレバー・鶏卵・鶏肉・カツオやイワシ・ひじき・海苔・大豆など。
ただ、その他の食品にも広く含まれているので、自然と摂取している可能性もあります。

鉄分もサプリメントが手に入ります。
うまく活用していくとよいでしょう。



皮膚科で黒ずみを薄く出来る?

皮膚科で黒ずみを薄く出来る?

ニキビやシミを診てくれる皮膚科は増えています。
ですが、筆者が調べた限り、デリケートゾーンの黒ずみを治療する一般皮膚科はありませんでした。
ただし、美容皮膚科(美容クリニック)では、レーザーなどを使って黒ずみを治療することができます。

▼美容皮膚科での治療内容

▼処方箋による薬

美容皮膚科での治療内容

診断により、ハイドロキノンやトレチノイン(両方とも美白効果あり)の処方が可能なようです。
※デリケートゾーンの皮膚は敏感。個人輸入で入手した薬は使わないように。

▼レーザー治療

レーザー治療

シミを消すのと原理は同じ。
メラニン色素にレーザーを直接当てて、少しずつ破壊してゆきます。
痛みは機械によりけり。輪ゴムでパチンとされる程度のものもあります。
この治療のメリットは即効性。
専門性が高いため、化粧品より黒ずみ解消が早まります。

デメリットは、費用の高さです。
保険がきかず、1回で1万円を超えるのは普通。
1回ではすまないので複数回通院しなければなりません。
個人的に美容皮膚科での治療を検討しましたが、さすがに黒ずみにそこまでお金は出せません。
ということで、専用クリームでのケアを選択。
学生の身分なら、デリケートゾーンの黒ずみ対策より、脱毛やメイク用品、洋服にお金をかけます。
療機関と違い、クリームは即効性を期待できません。
でも、セルフケアの経験者として言うと、結果には満足!
もちろん肌の状態を健康にしてくれますし、塗る範囲が狭いためコレ1本で長持ちします。
脇や肘、乳首など他の部位にも使用可能。つまりコスパの面でも満足度が高いのです。
また、レーザー治療との併用も考えられます。
例えば、イビサクリームのような専用化粧品をある程度使用。
薄まったところでレーザーに切り替える。
あるいは、どうしても消えない黒ずみの場合は美容皮膚科を利用。それらが賢い方法かも。



黒ずみ対策用下着(ショーツ)を選ぶ3つのポイント

黒ずみ対策用下着(ショーツ)を選ぶ3つのポイント
サイズが小さかったり、ナイロン製の下着は、肌に摩擦が起きやすく、黒ずみの原因に。
デリケートゾーンのケアを続けても、下着で肌に負担を与えては意味がありません。
黒ずみケアのためにも、以下の3つのポイントに気をつけるべきです。

1、コットンやシルクの素材を

コットンやシルクの素材を
多くの女性が愛用するオシャレで可愛いショーツ。
しかしそれらはポリエステル、つまり化学繊維製品が多いため、肌との摩擦も大きいのです。

黒ずみを防ぐためには、『綿100%』、『オーガニックコットン』や『シルク素材』がオススメ。
透湿性がある上、コットンやシルクは摩擦の少ないやわらかい材質。肌に優しく刺激を与えません。

2、ウエストゴムは締め付けないものを

ウエストゴムは締め付けないものを
ウエストやそけい部を締付けないゴムなしのもの、または平たいゴムが使われているものレース状の締付けのないゴムが使われているもの(ワコールやウイングでもよく見かけます)が最適。
おしゃれなショーツを求めるなら、サイドをひもで結ぶタイプを選んでください。
なるべく締付けがなく、お肌に優しいコットン素材が良いでしょう。

3、サイズは少しゆとりをもたせる

身体を動かしても余裕があるよう、”ぴったり”よりも、少しゆとりを感じるサイズを選びましょう。特に運動する場合は、動きも激しい分、摩擦も大きくなります。
サイズを大きめにするか、ボクサータイプのショーツが最適。



黒ずみケアは年齢によって変えるべき?

黒ずみケアは年齢によって変えるべき?
デリケートゾーンの黒ずみは、若い人だけの悩みではありません。
40代50代になっても気にしている方は多いのです。
やはり何歳になっても、女性は自分の体や肌を意識してしまいます。
気になるのが、顔のお肌のケアと同様、「黒ずみケアも年齢によって変えるべきか?」ということ。

というのも、年齢を重ねるに従って肌が乾燥しがちに。
冬場はもともとの乾燥肌がさらに進んで痒くなるなんてことも。
悲しいもので、年齢と肌はリンクしているみたいです。
年齢に対抗するには、時間とお金をかけないとなかなか難しい……。デリケートゾーンの黒ずみケアの場合はどうでしょうか? 乾燥肌の人間が、実際に黒ずみケアクリームを使ってみると…
黒ずみケアクリームは、予想以上にデリケートゾーンの肌に潤いを与えてくれます。
年齢を重ねた人でも、塗る量を少し増やせばオーケー。ということです。
半年以上黒ずみケアクリームを使い続けているのですが、夏より冬の方がデリケートゾーンの肌も乾燥しやすいのは確か。
だから、冬になるとほんの少しクリームを増やしていました。
それだけで、冬場のデリケートゾーンの肌にも潤いを与えてくれます。

年齢や体質によって肌の状態は違うものです。
でも、思っている以上に肌に潤いを与えてくれるので、「年齢が…」とか「肌の乾燥がひどいから…」という理由で、ケアを諦める必要はありません。
確かにデリケートゾーンは他人からは見えませんが、黒ずんでいるよりもキレイな方が良いに決まっています。



参考文献

一般社団法人 日本美容外科学会 JSAPS
http://www.jsaps.com/

日本美容外科学会
http://www.jsas.or.jp/

公益社団法人日本美容医療協会
http://www.jaam.or.jp/

公益社団法人日本通信販売協会
http://www.jadma.org/

総務省
http://www.soumu.go.jp/